よつば通販

MENU

2018.09.06

  • シェア
  • ツイート

好奇心が止まらない大人気“科学テーマパーク” 佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんが

佐賀iroha-n

宇宙からこんにちは。佐賀の良かとこ、うまかもんをご紹介して一緒に面白がりたい佐賀iroha-nです。今回は「佐賀県立宇宙科学館ゆめぎんが」をご紹介します。場所は温泉地として知られる武雄市の湖のほとり。こんなのどかな場所でまさか本格的な科学を楽しむなんてことが…できるんです!!


飛んだり、漕いだり、学んだり
1999年、武雄市にオープンして今年で20年目となる「佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんが」。遠目からみれば森の中に潜む宇宙船を思わせる出で立ち、中に入れば自然光がたっぷりと差し込んだ、とても開放的な空間が広がっています。ここは、地元の子どもたちはもちろん、日本全国の学校や海外からの観光客も訪れるほどの人気スポット。展示物の数は1Fから3Fまで大小合わせて約110点もあり、展示物というと、見るだけのものと思われるかも知れませんが、このゆめんぎんがでは大人も子どもも、見て、触って、動かして、乗って、揺れて、ちょっと声とか出ちゃったりするくらい迫力満点の体験の連続です。というわけで、今回はこの人気スポットを体験してきました。科学好きの人も苦手な人も、まだ科学を知らない子どもも、ここを知らないなんて、もったいないですよ。

館内は大きく3つのエリアに分かれています。まずは、「地球発見ゾーン」。飛行機の操縦を体験できるフライトシミュレーターや全身をシャボン玉で包むしゃぼんバリア、その場で実験できるケミカルラボ、そして自転車で綱渡りをするスペースサイクリングなど、実際に身体を動かしながら、地球上で起こる不思議な現象や生命の神秘など、地球の面白さを遊びながら学べます。


フライトシミュレーターはかなり本格的。初心者コースに挑戦しましたが、全然上手に飛べませんでした。夢中になって、きっと何度も挑戦したくなりますよ


高所恐怖症じゃなければ絶対に挑戦してみたかったスペースサイクリング。1Fと2Fの2コースがあり、2Fコースの高さはなんと4.5m。こんな細いワイヤーの上で自転車に乗るなんて、サーカスレベル! とお思いでしょうが、150kgの重りで重心を安定させているので、身長制限さえクリアできれば誰でも乗れます

 

あなたの宇宙への入り口はここかも知れない
ゆめぎんがの中でも特に人気なのが「宇宙発見ゾーン」。一歩足を踏み入れれば、人類と宇宙の関わりの歴史、宇宙服のレプリカや宇宙で使われたカメラ、ロケットエンジンの模型から本物の隕石まで、宇宙に関する貴重な資料が所狭しと展示されていて、宇宙を知るにはこの上ない環境です。もちろん体験型展示物ももりだくさん。無重力空間での姿勢制御訓練を体験する、その名も宇宙トレーナーや、地球の1/6しかない月面での歩行を疑似体験できるムーンウォーク、臨場感あふれるプラネタリウム、日中の天体観測を楽しめる青空天文台など、宇宙をさまざまな角度から切り取って体感させてくれる、まるで宇宙博士養成空間なのです。


無重力の宇宙空間で姿勢を制御するというシミュレーションを体験する、その名も宇宙トレーナー。かつて宇宙飛行士の訓練所で実際に行われていたトレーニングなのだそうです。真ん中のシートにしっかり固定してもらって実際に体験してみると、前後左右にグルングルン回って、あっという間に上も下もわからなくなりました。声、出ちゃいます


ふと見上げると、宇宙飛行士が宇宙遊泳を満喫中。宇宙発見ゾーンをもれなく体験すれば、いつか彼のようになれる、かも


プラネタリウムは、時間帯や曜日によって内容が違うなど、プログラムが豊富。迫力ある映像と5.1chの音響で文句なしの臨場感ですよ


青空天文台では、天候に左右されますが、太陽や昼間の星を観測できます。モニターに映し出しされたリアルタイムの太陽を観ながら、専門的な解説を聞けるなんて、なかなかないチャンスです

 

まだまだある新体験の連続!
そして、太古の地球の生物や佐賀の自然の歴史をテーマにした「佐賀発見ゾーン」。オウムガイやペンギンモドキなど佐賀県で発見された化石はもちろん、角竜ディアブロケラトプスの化石、鉱物が常設展示されていて、迫力満点です。佐賀を始めとする玄界灘や有明海に生息する珍しい生き物、淡水魚なども間近に観察できるし、タッチプールではヒトデやヤドカリなど海辺の生き物たちに実際に触れることもできます。


地震体験マシーンで震度6弱の揺れを体感。いつ起こってもおかしくない大地震に備えねば、と改めて思います


片方の爪だけが大きいシオマネキ、ムツゴロウなど全国的にはとても珍しい生き物が隠れています。わかりますか? ここには写っていませんが、エイリアンの異名を持つワラスボも同じ水槽にたくさんいますよ

ざっとご紹介しただけでも、このボリューム! 何せ常設展示だけで約110点ですから、まだまだこんなものではありません。春、夏、秋冬の企画展も開催されていますし、魚へのエサやり体験、水槽の裏側を丹念できるバックヤードツアー、ものづくりのワークショップなどのイベントも毎日開催されていますし、土曜日には望遠鏡で星を眺める天体観望会を実施(晴天時のみ、夏時間冬時間あり)。 館内ではサイエンスチーム、スペースチーム、佐賀チーム、それぞれ専門分野のスタッフのみなさんが案内してくれるので、童心に返って疑問に思ったことは恥ずかしがらずに何でも聞いてみたいところです。
これまでに2度足を運びましたが、たった2回じゃ到底、全部体験しきれないほどのスケールだということがおわかりいただけたでしょうか。

 

家族連れでもデートでも大人の女子旅でも
1Fには、全160席のテラス席があり、休憩したり持参したお弁当を食べることができます。もちろんレストランもあるので手ぶらでも大丈夫。


DVD鑑賞ができる図書室、乳幼児が遊べて授乳・オムツ交換スペースもあるこどもの広場もあるので、家族で遊びに来て、赤ちゃんとママはこどもの広場、お兄ちゃんやお姉ちゃんは展示物を思う存分体験する、なんてことも出来ちゃいます

また、ミュージアムショップでは、宇宙食、星座が描かれた傘といった面白いグッズや実験キットなどが揃い、対象年齢も幼児から大人まで幅広いので、お土産を探しているといろんな人の顔が浮かびそう。当日なら何度でも再入場できるので、天気が良ければ目の前の池の周りをお散歩したり、芝生でお弁当を食べたりして、また館内に戻って遊んでも良いですね。とにかく展示内容のバリエーションが豊かなので、デートで来ても女友達のグループで来ても大満足できること間違いなし。とにかく1日思いっきり遊んでも足りないほどのこの内容で、大人料金が510円、プラネタリウムを観ても当日セット料金で910円、小中学生なら360円(レストランでの食事は別料金)は、もう驚くしかありません!
いつでも誰でも、ここに来れば誰もが好奇心をくすぐられてワクワクできる、科学博物館というよりは、もはや科学のテーマパーク「佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんが」。みなさん、もう体験せずにはいられないですよ。


佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんが
佐賀県武雄市武雄町永島16351
0954-20-1666
営業時間 平日9:15〜17:15/土日祝日9:15〜18:00(月曜日定休/月曜日が祝日の場合は翌日休み/春休み・G.W.・夏休み期間中は無休/9月に臨時休館あり/12月29〜31日休み)
料金 常設展示:大人510円(410円)、高校生300円(240円)、小・中学生200円(160円)、幼児(4歳以上)100円(80円)
プラネタリウム:大人510円(410円)、高校生300円(240円)、小・中学生200円(160円)、幼児(4歳以上)100円(80円)
当日セット料金(常設展示+プラネタリウム1番組):大人910円、高校生540円、小・中学生360円、幼児(4歳以上)180円
※()内の価格は20名以上の団体料金