佐賀iroha-n

太良のうまかもんをガッツリ、「たらふく丼」(太良町)

2018.05.17

みなさん、佐賀を面白がっていただけていますか? 今回の佐賀iroha-nも、うまかもん「たらふく丼」をお届けします。以前、カキ焼き街道でご紹介した太良町は、カキやカニだけでなく、うまかもんがたっくさんある町なのです。カキ小屋だけで満足して帰ったら、きっと後悔しますよ。


掟の下、地元の名店がそれぞれ考案
有明海に面した太良町。海の幸が美味しいんだろうな、というイメージをお持ちかもしれません。もちろん、海の幸がすっごく美味しい町です。ですが太良町は、その多くが多良岳という山系の裾野に位置していることから、その肥沃な大地を生かした農業や畜産がさかんな町でもあります。つまり、うまかもんがたくさん揃ったグルメの町。そのうまかもんをいろんな楽しみ方でガッツリ食べられるのが、今回ご紹介するたらふく丼です。
いろんな楽しみ方で、というところがポイントで、実は、たらふく丼はひとつではありません。太良町の飲食店や旅館・ホテルが、たらふく丼の掟の下、それぞれの得意な分野で創作した丼、それがたらふく丼という訳です。
その掟がこちら。

たらふく丼の掟
一 必ず太良町内販売店の豚肉を使うべし。
二 豚肉以外の素材も太良町の産品を使うべし。
三 価格は1,000円以内で提供すべし。
四 年間通して出せるメニューにすべし。

現在、10軒以上の店舗が提供しているたらふく丼。その魅力をみなさんにお伝えすべく、今回4軒だけですがハシゴして食べてきました! 

お食事処海望のたらふく丼 850円

有明海を眺めながらたらふく丼を楽しめる、海望さん。涼やかな佇まいと、柔らかな口調の店主、坂口さんが「女性に食べてもらいたい」と考案したのが、とろとろの卵あんかけカツ丼です。ご飯の上にバラ干しの有明海苔をのせ、トンカツを盛り付けたら、あんをかけ、最後に青ネギをぱらり。ダシがしっかり利いたゆるめのあんでサラサラと食べられるのが嬉しい、坂口さんの人柄を感じられる優しいたらふく丼です。とはいえ、見た目はシンプルながら、旨みの濃いサクサクのトンカツに、香りも味も食感も存在感のあるバラ干しの海苔と、あんに溶かれた柚子胡椒が良いアクセントになって、女性のみならず男性ファンも多いのです。実はメニューに載っていないのに口コミで広まり、地元のリピーターも多い、大人気商品! 熱々なので、慌てて食べると火傷しますが、気をつけながらぜひ一度食べて欲しいたらふく丼です(私は舌先をやってしまいました)。

家族亭フタバのミネラルカツ丼 850円

地元の人と観光客で大にぎわい、満席必至のフタバさんのたらふく丼は、ミネラルカツ丼です。その名は、ミネラルたっぷりの水で育った太良町のブランド豚『たら名水豚』を使用していることから、考案者の店主の岩永さん曰く「格好つけて」名付けられたのだそう。もともとは定食として提供していた大人気メニューを、たらふく丼の企画が立ち上がった際に丼にしたのだそう。濃厚なチーズとベーコンを豚肉で巻いたロールカツは、カリッカリの衣ととろけるチーズの相性が抜群で、ご飯にかかった甘めのソースともすごく合います! チーズもベーコンも決して塩気が強すぎず、千切りキャベツの甘みとシャキシャキ食感もたまりません。フタバさんは窓から釣り糸を垂らせるほど海が近いのですが、バラ干し海苔と一緒に頬張った瞬間、窓のすぐ下に広がる有明海と海苔の風味がシンクロして、うっとりしてしまいました。たらふく丼3人前以上は前日に予約しておくと安心です。

お食事処海旬のたらふく丼 980円

海旬さんでは「うちのたらふく丼が一番うまいですよ!」と自信たっぷりの店主・久保さんが考案した、2種類の味噌漬けの豚肉がのったたらふく丼が食べられます。ロースは塊のまま、バラ肉はスライスしてから漬け込んでいるので、同じ味噌を使っていても、味も食感もまったく違っていて、お得な気分になれます。大葉、ネギ、アスパラガスと3種の緑が目にも鮮やか! アスパラガスは今や全国区にもなっている多良岳の『森のアスパラ』を使用。味が濃くて、豚肉に負けていません。海苔はもちろん有明海苔。食べ進めていくと、ご飯の中央には卵黄が隠れていて、この卵黄が絡まったご飯と豚肉を一緒に頬張れば、まろやかでまた違った美味しさが味わえます。「マヨネーズソースがかかっていて、男性なら誰もが好きな味です」(よつば通販男性スタッフ談)。大小の個室でゆっくり食事を楽しめる海旬さんのたらふく丼は数量限定ですので、来店前に電話で確認してみてください。

割烹ひさごのたらふく丼 860円

割烹ひさごさんのたらふく丼はとても珍しい、角煮の唐揚げがのった丼。ご飯の上に和風ダシのタレをかけて、半熟の目玉焼き、刻んだレタスが順に重ねられ、主役の角煮の唐揚げがドドン! 角煮の唐揚げは、角煮を生姜焼きのタレに漬け込み、片栗粉をまぶしてから揚げる手の込みよう。サクっとしっかりした食感なのに、噛むと中の豚肉はトロトロで、小さな子どもやご年配の方でも絶対に噛み切れる、と断言できるほど柔らかです。角煮の煮汁とは別のタレをご飯にかけているのは、「くどくなりすぎず、最後まで美味しく食べて欲しい」という細やかな心遣いから。味も決して濃すぎず、一口食べるごとにレタスと紅生姜が口の中をさっぱりさせてくれるので、あっという間に平らげてしまいました。風味豊かな太良産わさびのジュレも添えられていて、太良をたっぷり楽しめる一品。「とにかく驚いて欲しい、喜んで欲しい」という店主・川島さんの思いの通り、見た目と食感と何度も驚いて嬉しくなる、贅沢な味わいです。

いかがだったでしょうか、たらふく丼。4軒ハシゴしても、満腹にはなりましたが、どれもとっても美味しくて、決して食べ飽きることはありませんでした。ほかにもミミガーや豚タンなど個性あふれるたらふく丼がたくさんあります。みんなでシェアしたり、ハシゴしたり、上手にお腹を空かせながら、太良町のいろんな味をたらふく堪能してください!


太良町商工会
佐賀県藤津郡太良町大字太良1856-2
0954-67-0069

お食事処 海望
佐賀県藤津郡太良町大浦丁1855
0954-68-2723
営業時間 10:00〜21:00(不定休)

家族亭 フタバ
佐賀県藤津郡太良町糸岐2518-8
0954-67-2020
営業時間 11:00〜20:00(月曜定休)

お食事処 海旬
佐賀県藤津郡太良町浦丙915
0954-68-2345
営業時間 11:30〜14:30/17:00〜22:00(月曜定休)

割烹ひさご
佐賀県藤津郡太良町多良1763
0954-67-0066
営業時間 11:00〜17:00※夜は要予約(不定休)